家族 バレず 債務整理はできるのか

家族にバレずに債務整理はできるのか?

債務整理は家族にバレることはありません。
例えば、夫が妻に内緒で債務整理を勧めることができますし、子供が親にバレないようにも可能です。
弁護士に依頼をした場合でも、裁判所にしても家族に話を聞くようなことはありません。

 

財産に関係する債務整理などでは貯金通帳や収支の確認がある場合、提示を求められることがあります。
同居家族の収入の証明が必要な自己破産や民事再生のケースがあります。
そのような書類を家族が管理していたとした場合でも、債務整理のことを言わずに、情報だけを貰えばよいのです。
その時に疑われて、債務整理がバレてしまったというケースは多いですが、バレルとしたら、この時だけでしょう。

 

同居家族の収入に関係してしまうため、内緒での債務整理ができないと憂うよりも、思い切って正直に話して共に債務整理に協力してもらう方が良いかもしれません。
しかし、それぞれの事情がありますから、弁護士などに依頼をするときには、配慮してもらうことが必要です。
家族と言っても、別居している場合には、バレることはまずないと思って良いです。

 

 

3 借金の返済金額が多く生活が出来ない場合はどうしたらよいか?

 

借金のため生活が困難になっている方のための債務整理。
弁護士など法律の専門家に借金問題相談に行くことをお勧めします。
インターネットができる環境にいる方は、サイト検索などで解決法が紹介されていますが、きちんと内容を理解できない場合、直接話しを聞くほうが頭に入りやすいです。

 

借金は恥ずかしいことだから、人には話したくない方もいます。
その借金のきっかけがギャンブルだったり、高級な買い物だったり、人に話すことが憚れる内容の場合もあります。
しかし、生活ができない状況を作ってしまったのですから、すべてをさらけ出す勇気は必要です。

 

世の中で債務整理をしている方は、こうしたことがきっかけでおきな借金を作り、無事に解決した方もたくさんいらっしゃいます。
ですから、生活が出来ないほどの借金を、ギャンブルなどで作ったとしても解決法はきっとあるはずです。

 

弁護士などは親身になって聞いてくれる方もいますが、そんな生活はダメと諭す方もいます。
しかし、債務整理を依頼すると、懸命に動いてくれて、生活が再開できるように努力してくれます。
出来てしまった借金は返済するのが筋ですが、返済出来ない場合の救済策が債務整理ですので、利用を考えましょう。

家族にバレずに債務整理はできるのか?関連ページ

借金は本当に減額できるのか?
月々の負担は小さくして、返済期間を長くしてしまうことが多いですから、借金総額が多くなってしまうこともあります。しかし、現在の借金問題からの脱却はできることから、返済負担は小さくなります。
早く借金をなくしたい、どうしたらよいか?
できた借金を返済ではなく、債務整理でなくしたい方は、債務整理をすることをお勧めします。まず、この時に確認したいのが、いつ作った借金なのか?ということです。10年くらい前の借金であれば、過払い金が発生している可能性がありますし、利息制限法以上の利息が取られている場合も適用されてます。
債務整理についてネットで相談無料とあるが、どこまでが相談無料なの?
この借金問題相談が無料というのは魅力的です。その範囲ですが、その法律事務所によって違います。 最初の段階として、メールやフリーダイヤルでの相談はほとんど無料です。
債務整理の手続きの費用はどれくらい?
弁護士や司法書士に借金問題相談をして債務整理の手続きを依頼するときに、気になるのがその費用です。敷居の高い弁護士の場合、とても高いイメージがありますが、普通の裁判の費用とは違います。また、司法書士が取り扱える債務整理は、額が小さい案件になりますから、一般的に費用は割安です。
住宅を手放さずに債務整理はできるの?
住宅をお持ちの方で、債務整理をしたいけれど、当然財産として住宅は持って行かれてしまう。以前はその方法しか、債務整理の道はありませんでした。財産処分をする自己破産や月々の返済額を減額する任意整理だけです。
月々の返済額を減らせますか?
借金の返済額をなんとか減らしたいとき、どうしたら良いのでしょうか?債務整理の方法がありますが、その方法は何種類かあります。一番簡単なのが、任意整理です。 自分ではどうして良いかわからず、
2度目の任意整理は難しいですか?
原則的に2度目の債務整理そのものは簡単ではありません。個人再生や自己破産などは、7年間は債務整理をすることができません。ただ任意整理については、裁判所を通さずに、債権者との話し合いですから、対応してくれる場合は多いです。
利子の支払いで精一杯のあなたへ
借金問題相談で多いのが、利子の高さです。現在は、利息制限法で一定の上限が決まっていますが、以前はそのような法律が存在していないときには、法外な利子で貸金をしていた時代がありました。全国的にネームバリューのある消費者金融も例外ではありません。
個人再生を考えてます。どうしたら良いですか?
個人再生のメリットは、住宅などを持ったまま債務整理ができることです。住宅ローンを除く借金が5,000万円以下の場合で、一定の収入が見込める方のみが利用できる債務整理です。この時に必要なのが、返済計画ですが、通常3年間で減額した借金をきちんと返済する約束ができることも条件としてあります。
債務整理で確実に借金は減りますか?
債務整理の結論は、借金問題相談で最終的にどのくらい借金が減るのですか?ということになるようです。しかし、これはなかなか難しい回答で、減る方もいますが、そうならない方もいるようです。それでは、債務整理ではないと言いたい声もありますが、簡単なものではありません。
給料差し押さえの通知が来ました。自己破産を考えてますがどうしたら良いですか?
借金が返済が滞ることで、業者が給料を差し押さえることもあります。ただ、これが公共料金や税金の場合は、借金問題とは別になります。そうではなく、キャッシングや各種ローンの場合、債務整理を考えましょう。
車は生活に必要です・車を残して債務整理はできるの?
車は財産の一つとしてみなされます。債務整理の中には、車も処分しなくてはならない場合もありますが、任意整理や個人再生の場合、そして、車で生計を立てていたり、移動手段としてなくてはならない場合は、そのまま持っていることはできます。
職場に知られないようにできますか?
債務整理は、一個人に対することです。職場環境は全く関係ないのですが、自己破産だけは気をつけてください。自己破産をしてしまうと、就けない職業があり、その場合、職場に知られるだけではなく、失業してしまうことになります。
一括請求の連絡が来たがとても用意できる金額ではありません。どうしたらよいか?
一括請求の連絡が来たがとても用意できる金額ではありません。どうしたらよいか?借金問題で、返済が滞ると、請求書が送付されるのは当然のことですが、突然一括請求が来ることがあります。それまで、返済ができないことを伝えておけば、こんなことにはならないのです
毎月利息分しか払えていません。どうしたらよいか?
毎月利息分しか払えていません。どうしたらよいか?借金問題でこの事態も考えられることです。キャッシングやローンを組んだときと状況が変化していることは考えられることです
自己破産を考えていますが、弁護士費用がありません
自己破産を考えていますが、弁護士費用がありません。自己破産の債務整理を弁護士に依頼をした場合、自己破産の費用と弁護士費用がかかります。ここで少し心配なことがあるのですが、借金問題相談するのに、高い弁護士費用の支払いはどうしたら良いか?ということでしょう
旦那さんに内緒で借りています。どうしたら良いですか?
旦那さんに内緒で借りています。どうしたら良いですか?奥さんだけで借金を作る。返済ができれば問題のないことですが、大変なのは、返済ができなくなることです。もし、そうなったとき、正直に話ができれば、全てを話すのがベストです。その時に、結婚生活が終わるとしても、それは仕方のないことです
滞納しています。長期間に渡り利息が借りている額より多いです
滞納しています。長期間に渡り利息が借りている額より多いです。滞納が長期間続くことで利息が雪だるま式で膨らみます。このような利息のことを延滞利息といいます。キャッシングなどをした時に、そのことは必ず明記してありますが、あまり見ない方も多く、どうしてこんなに利息が膨らむのか不思議に思う方も多いです
多重債務に悩んでいます。アドバイスを
多重債務に悩んでいます。アドバイスを。多重債務とは、複数の消費者金融やキャッシングからの借入をしている場合です。1社で何百万ではなく、数社でまとまった借金があることで、それぞれに利息が違っていたり、返済期日が違うことで、混乱してしまうことが多いです
任意整理を返済をしています。しかし収入が減り支払いが多くなってしまっています
任意整理を返済をしています。しかし収入が減り支払いが多くなってしまっています。自己破産したほうが良いでしょうか?任意整理は、債権者との話し合いの末、その時可能な返済方法や返済額に契約を変更することです。もし、その変えた契約もできないと言った場合は、必ず債権者にそのことを知らせてください
主人に絶対バレないように、自己破産したいです
主人に絶対バレないように、自己破産したいです。ある条件下の元で、ご主人にバレずに自己破産ができます。それは、借金の内容で、ご主人が保証人になっていないことです。自分の借金問題で、自己破産をする場合、全ての財産を債務整理することになります
多数から借りているため一本化をしたいのだが、断られている現状です
多数から借りているため一本化をしたいのだが、断られている現状です。一体この先どうしたらよいか?多重債務をしている場合、借金の一本化ができれば、返済が楽になります。この場合、利息の安いところから借入ができ、利息が高いところへ一括返済をすることで、月々の返済額が驚くほど減ります
旦那名義のカードの借入があります、私で旦那の名義の方の債務整理をしたいのですが
旦那名義のカードの借入があります、私で旦那の名義の方の債務整理をしたいのですが。家族の借入で債務整理をしてあげたい、夫が多忙だから妻が債務整理をしたいというのは、よくある状況です。しかし、あくまでも債務整理は本人が動かなければ始まりません
任意整理をしているが、利子が高くて利子を無くしたい
任意整理をしているが、利子が高くて利子を無くしたい。任意整理は、返済が難しくなった場合、返済額の減額を目的とした債務整理です。債務整理をしようというときは、それまでの返済が困難な場合ですから、その時に一番ベストな返済額で同意することが多いです
家賃滞納、携帯滞納、インターネット滞納等あり、生活が出来なくなっています
家賃滞納、携帯滞納、インターネット滞納等あり、生活が出来なくなっています。生活が出来ない。一体この先どうしたらいいでしょうか?借金問題は、消費者金融だけの問題ではありません。家賃や公共料金、最近では携帯やインターネット使用料などを滞納してしまう方も多いです
明日の返済ができません。どう対応したらよいでしょうか?
明日の返済ができません。どう対応したらよいでしょうか?返済期日が明日に迫っている場合、その業者に連絡をしてください。期日前に連絡をすることは大切なことです。そこで、返済の猶予を言われることが多いですが、それも難しい場合も、まずは業者に相談です
働いていないので、今は返済していません
働いていないので、今は返済していません。クレジットカードや消費者金融からお金を借りたときには働いていたけれど、現在は無職になってしまった返済ができない。病気や様々な事情からそんな状況になってしまう方も多いです
投資マンションの借入金の返済額も減額できますか?
投資マンションの借入金の返済額も減額できますか?投資マンションとは、居住目的ではなく、資産運用の一つとして、マンションを持ち、家賃収入で財産を築くものです。一時流行した投資先ですが、居住者が存在しなくては、儲かることは出来ません
働けないので、借金が返せません
働けないので、借金が返せません。借金は、作る原因も様々ですが、返済できない理由もいろいろです。働いていないので、返済できないにしても、“働かない”と“働けない”ではケースが違います。ちなみに、現在成人で心身が健康であれば、国内では何かしらの働き口はあると言います
債務整理の相談は電話無しで大丈夫ですか?
債務整理の相談は電話無しで大丈夫ですか?債務整理を法律事務所などで受けたいときには、その内容が書いてある、チラシやポスター、メールに従ってください。例えば、必ず電話をしてください、メールをくださいと言うように書いてありますが、電話無しで対応ということであれば、直接出向くということです
生活保護を受けているのですが、返済できないのですが、どうしたらいいですか?
生活保護を受けているのですが、返済できないのですが、どうしたらいいですか?現在日本の決まりでは、生活保護で借金返済をすることは禁止されています。生活保護を申請した場合、借金の有無を調べるのですが、もし借金がある場合には、生活保護受給資格はないのです
債務整理の相談から解決までの期間はどの位ですか?
債務整理の相談から解決までの期間はどの位ですか?借金問題相談をした時点で依頼をすると決めたとして、最短でどのくらいで解決ができるかは非常に気になるところです。これは債権者の出方次第なので、弁護士なども一概にわからないというのが正直なところです
前に自己破産しましたが、任意整理できますか?
前に自己破産しましたが、任意整理できますか?債務整理は、繰り返すことは可能です。自己破産や個人再生の場合、7年間は債務整理ができません。しかし、それ以降については、債務整理は可能です
専業主婦ですが可能でしょうか?(債務整理)
専業主婦ですが可能でしょうか?(債務整理)専業主婦の債務整理は可能です。何からしてよいか方法がわからない方、まずは弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士事務所では、専業主婦の債務整理の体験談なども多くあります
両親の借金問題です。どうしたらいいでしょうか?
両親の借金問題です。どうしたらいいでしょうか?ご両親の借金問題についてお子さんが憂慮する場合、まず債務整理があることを教えてあげましょう。また、その状況などを把握し、弁護士に相談をしてみてください
民事再生法の仕方を知りたい!必要な費用も
民事再生法の仕方を知りたい!必要な費用も。民事再生法とは、会社の再建に関係する債務整理ですが、一個人に関しては、個人民事再生といいます。2001年にできた新しい制度で、破産を目的にしたものではなく、あくまでも人生の再スタートを切るための債務整理です
裁判所に訴えられ債権者との話し合いで毎月各社1万円づつ支払っています
裁判所に訴えられ債権者との話し合いで毎月各社1万円づつ支払っています。44000円支払い続けて税金を滞納しています。債務整理によって、債権者との話し合いがつき、毎月定期的な支払いを滞納をする場合、あまり良い影響はありません
毎月リボ払いが苦しく、今月も無理なので他から借りているがもう借りたくない
毎月リボ払いが苦しく、今月も無理なので他から借りているがもう借りたくない。リボ払いは毎月決まった金額の返済ができる便利なシステムです。大きなお買い物をしたり、キャッシングでも1万円の返済を決めておくと、それ以上野返済をしなくても良いのです
毎月の返済額を減らしたい
毎月の返済額を減らしたい。借金野返済額を減らす方法は2つあります。借り換え、債務整理です。オススメなのは、借り換えですが、これは多重債務の方は難しいかもしれません。もし、現在の借金が、総量規制限度になっている場合は、これ以上の借入は出来ません
返済を滞り長い間そのままにしており裁判所からの通知が来ている状態だが、任意整理は出来るのか?
返済を滞り長い間そのままにしており裁判所からの通知が来ている状態だが、任意整理は出来るのか?約束の期日に返済できない滞納者には、債権者から裁判所にくるよう、手紙がきます。絶対に従わなければならないのですが、その時点で自暴自棄になっていて、そのままにしている方も多いです
複数で借りているので、それをひとつにまとめることはできますか?
複数で借りているので、それをひとつにまとめることはできますか?多重債務の方のまとめローンは、できる方とできない方がいます。A社・B社の借金をC社の借金で賄うことをまとめローンと言います