借金問題相談

借金問題相談



毎月の支払いで生活もままならない、そんな不安な日々をお過ごしでしたら、お気軽にご相談ください。
初めてネットから申し込まれる方は「申し込むまでに何日も悩んだけれど、連絡して本当に良かった」とおっしゃいます。
多くのご相談を受け続けているからこそ、あなたのお悩みや苦労している事も理解出来ます。まずは、匿名無料相談にお申込みされてください。
あなたのお力に成れる事を信じてお待ちしています。

借金問題相談 メニュー

▲TOPにもどる

借金問題相談記事一覧

借金問題相談で一番多い質問が、減額の有無です。借金問題を解決するためには、債務整理が必要ですが、その方法はいくつかあります。一番多いとされる方法は、任意整理というもので、原則的には、返済の負担を小さくすると考えて良いでしょう。この場合、月々の負担は小さくして、返済期間を長くしてしまうことが多いですから、借金総額が多くなってしまうこともあります。しかし、現在の借金問題からの脱却はできることから、返済...

債務整理は家族にバレることはありません。例えば、夫が妻に内緒で債務整理を勧めることができますし、子供が親にバレないようにも可能です。弁護士に依頼をした場合でも、裁判所にしても家族に話を聞くようなことはありません。財産に関係する債務整理などでは貯金通帳や収支の確認がある場合、提示を求められることがあります。同居家族の収入の証明が必要な自己破産や民事再生のケースがあります。そのような書類を家族が管理し...

できた借金を返済ではなく、債務整理でなくしたい方は、債務整理をすることをお勧めします。まず、この時に確認したいのが、いつ作った借金なのか?ということです。10年くらい前の借金であれば、過払い金が発生している可能性がありますし、利息制限法以上の利息が取られている場合も適用されてます。過払い金とは、いわゆる法外のことで、請求することで返金されることになっています。多く払っている借金の中に、こんな過払い...

この借金問題相談が無料というのは魅力的です。その範囲ですが、その法律事務所によって違います。最初の段階として、メールやフリーダイヤルでの相談はほとんど無料です。匿名でも受け付けているのですが、では面談をしましょうという段階になって、無料ではなくなるところがあります。面談まで無料という表記がないため、最初の相談だけが無料になってる場合です。結構このケースが多く、事務所に来てくださいと言われたときに、...

弁護士や司法書士に借金問題相談をして債務整理の手続きを依頼するときに、気になるのがその費用です。敷居の高い弁護士の場合、とても高いイメージがありますが、普通の裁判の費用とは違います。また、司法書士が取り扱える債務整理は、額が小さい案件になりますから、一般的に費用は割安です。なお、各種債務整理には、自分で行ったとしても、個人再生、特定調停、自己破産など裁判所に関係する債務整理にはそれぞれ費用が発生し...

住宅をお持ちの方で、債務整理をしたいけれど、当然財産として住宅は持って行かれてしまう。以前はその方法しか、債務整理の道はありませんでした。財産処分をする自己破産や月々の返済額を減額する任意整理だけです。それでは、大きな額の借金を作ってしまった場合、住宅ローンとの多重債務であることは変わらず、債務整理をした意味がないのです。そこで住宅を手放さずに債務整理ができる個人再生があります。住宅ローンの支払い...

借金の返済額をなんとか減らしたいとき、どうしたら良いのでしょうか?債務整理の方法がありますが、その方法は何種類かあります。一番簡単なのが、任意整理です。自分ではどうして良いかわからず、弁護士などに借金問題相談に行くと、最初に進められるのが、この任意整理です。任意整理裁判所が間に入るのではなく、債権者と直接交渉に入ります。返済が遅れると債権者の方から、任意整理を持ちかけてくることもありますが、自らな...

原則的に2度目の債務整理そのものは簡単ではありません。個人再生や自己破産などは、7年間は債務整理をすることができません。ただ任意整理については、裁判所を通さずに、債権者との話し合いですから、対応してくれる場合は多いです。任意整理の特徴として、法的なことは関係なく、◯◯の事情で、現在の返済が難しくなりました。でも、月々この返済額なら可能です。ということを交渉するのです。債権者によっては、返済額を小さ...

借金問題相談で多いのが、利子の高さです。現在は、利息制限法で一定の上限が決まっていますが、以前はそのような法律が存在していないときには、法外な利子で貸金をしていた時代がありました。全国的にネームバリューのある消費者金融も例外ではありません。そこで、過払い金請求という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、利息制限法以上の利子を付けた返済をしていた場合、その払いすぎた返済額から、返還してもらう請求...

個人再生のメリットは、住宅などを持ったまま債務整理ができることです。住宅ローンを除く借金が5,000万円以下の場合で、一定の収入が見込める方のみが利用できる債務整理です。この時に必要なのが、返済計画ですが、通常3年間で減額した借金をきちんと返済する約束ができることも条件としてあります。返済を目的とした債務整理です。個人再生の流れ地方裁判所に出向きます。必要とあれば、個人再生委員を選任します。個人再...

債務整理の結論は、借金問題相談で最終的にどのくらい借金が減るのですか?ということになるようです。しかし、これはなかなか難しい回答で、減る方もいますが、そうならない方もいるようです。それでは、債務整理ではないと言いたい声もありますが、簡単なものではありません。債務整理には種類があり、その方法によって減額幅が違います。中には自己破産をしてしまうと借金がゼロになるから、これが良いと思っている方も多いです...

借金が返済が滞ることで、業者が給料を差し押さえることもあります。ただ、これが公共料金や税金の場合は、借金問題とは別になります。そうではなく、キャッシングや各種ローンの場合、債務整理を考えましょう。債務整理という言葉よりも借金問題相談と言えば、自己破産しかないと思っている方も多いですが、実は自己破産は最終手段です。その前にいくつか債務整理の方法はあります。自己破産は借金ゼロになる一番楽な方法ですが、...

車は財産の一つとしてみなされます。債務整理の中には、車も処分しなくてはならない場合もありますが、任意整理や個人再生の場合、そして、車で生計を立てていたり、移動手段としてなくてはならない場合は、そのまま持っていることはできます。しかし贅沢品と判断されたときには、自己破産の場合は手放すことになります。債務整理の種類によっては、財産を残して行う個人再生などがあります。この場合、返済額が大熊減り、借金総額...

債務整理は、一個人に対することです。職場環境は全く関係ないのですが、自己破産だけは気をつけてください。自己破産をしてしまうと、就けない職業があり、その場合、職場に知られるだけではなく、失業してしまうことになります。また、自己破産をしてしまうと、政府が発行する公告などに名前の掲載がされます。ほんの一部の方しか目にしない印刷物ですが、この関係のお仕事をされている方は要注意です。そのようなことではなく、...

借金問題で、返済が滞ると、請求書が送付されるのは当然のことですが、突然一括請求が来ることがあります。それまで、返済ができないことを伝えておけば、こんなことにはならないのです。なんとなく返済を放っておいたり、滞納を繰り返す、滞納していることで連絡がつかない方には、業者として、一括請求で、半ば強制的な強硬手段を取っていると言えるでしょう。その時にとても返済ができない方の方が多いと思いますが、そんなお金...

借金問題でこの事態も考えられることです。キャッシングやローンを組んだときと状況が変化していることは考えられることです。例えば、月に12,000円の返済があったとします。しかし、そのうち利息が2,000円だとして、それしか返済ができない事態になったとき、業者に相談をしてください。それが、一応債務整理で言う任意整理です。厳密には、返済額も低くする交渉もするのですが、とりあえず、2,000円だけの返済で...

自己破産の債務整理を弁護士に依頼をした場合、自己破産の費用と弁護士費用がかかります。ここで少し心配なことがあるのですが、借金問題相談するのに、高い弁護士費用の支払いはどうしたら良いか?ということでしょう。まず、少しでも費用を抑える方法として、最初の借金問題相談を無料の所にします。そこでは、まだ依頼をしていないのですが、『もし、自己破産を依頼した場合は、いくらかかりますか?』と聞いてみてください。そ...

奥さんだけで借金を作る。返済ができれば問題のないことですが、大変なのは、返済ができなくなることです。もし、そうなったとき、正直に話ができれば、全てを話すのがベストです。その時に、結婚生活が終わるとしても、それは仕方のないことです。絶対に旦那さんには知られたくないけれど、返済ができなくなってしまった場合、債務整理を旦那さんに知られないように行うことは可能です。債務整理と家族が関係するのは、“同居”し...

キャッシングなどの返済が遅れると、利息が増えます。ある時、100,000円を借りて、毎月1万円と1,000円の利息を返済していたとします。10回で、元金の100,000円と利息の1万円を返済して完済です。ところが、1回の11,000円の返済を遅らすと、その11,000円に利息がつきます。その利率が当初よりも高くなって、もう11,000円の返済額ではなくなるのです。ですから、滞納が長期間続くことで、...

多重債務とは、複数の消費者金融やキャッシングからの借入をしている場合です。1社で何百万ではなく、数社でまとまった借金があることで、それぞれに利息が違っていたり、返済期日が違うことで、混乱してしまうことが多いです。毎月、きちんと返済ができるだけの収入があれば問題はありません。しかし、多重債務に陥る方は、A社の借金返済のために、B社から借入をする。そしてまたC社からの借入をしてしまうことで、気がついた...

自己破産したほうが良いでしょうか?任意整理は、債権者との話し合いの末、その時可能な返済方法や返済額に契約を変更することです。もし、その変えた契約もできないと言った場合は、かならず債権者にそのことを知らせてください。その時の債権者の反応で、では新しく任意整理をしてくれるところもあります。なかなか難しい相談ですが、まずは直接掛け合うことです。自分でできないと思う方は、弁護士などに相談をしてください。も...

ある条件下の元で、ご主人にバレずに自己破産ができます。それは、借金の内容で、ご主人が保証人になっていないことです。自分の借金問題で、自己破産をする場合、全ての財産を債務整理することになります。その中で、保証人にはその事実を伝えなければなりません。ですから、保証人に当たる方にはバレずに、ということは絶対に出来ません。そうではなく、自らが作った借金の場合は、ご主人にバレずに自己破産をすることは可能です...

一体この先どうしたらよいか?多重債務をしている場合、借金の一本化ができれば、返済が楽になります。この場合、利息の安いところから借入ができ、利息が高いところへ一括返済をすることで、月々の返済額が驚くほど減ります。それができれば良いのですが、現在裁量規制があり、その方の収入な応じた額以上の借入が出来ません。ですから、多数から借入をしているせいではなく、裁量規制の限度額を越えているから、借入が出来ないの...

家族の借入で債務整理をしてあげたい、夫が多忙だから妻が債務整理をしたいというのは、よくある状況です。しかし、あくまでも債務整理は本人が動かなければ始まりません。消費者金融などからの滞納の連絡を受けた場合、借りた本人しか事情を説明することはありません。同居している妻であっても、夫の情報を細かく説明することはないのです。本人の情報はたとえ家族であっても公開できないことになっています。ということで、夫名...

任意整理は、返済が難しくなった場合、返済額の減額を目的とした債務整理です。債務整理をしようというときは、それまでの返済が困難な場合ですから、その時に一番ベストな返済額で同意することが多いです。任意整理は、自分で行うことができます。手順としては、借金の利子の再計算をした上で、利息制限法(上限20%)があれば引き下げてもらったり、利子の分を分割したりという方法を取ります。しかし、そこまでが限界です。一...

生活が出来ない。一体この先どうしたらいいでしょうか?借金問題は、消費者金融だけの問題ではありません。家賃や公共料金、最近では携帯やインターネット使用料などを滞納してしまう方も多いです。それぞれ種類が違うのでも、一つ一つ見てみましょう。家賃の滞納これは家主との交渉になります。経済状況を話し、どうしたら良いかを話してみましょう。消費者金融ではないのですが、滞納した分に利子をつけることはあまり聞かないの...

返済期日が明日に迫っている場合、その業者に連絡をしてください。期日前に連絡をすることは大切なことです。そこで、返済の猶予を言われることが多いですが、それも難しい場合も、まずは業者に相談です。返済ができない理由によって状態は大きく変わります。今月は無理だけで、来月からは大丈夫のときとこの先の返済そのものが難しいときの業者の対応は様々です。もし、今月だけでも返済ができない場合は、滞納の事態になりますが...

クレジットカードや消費者金融からお金を借りたときには働いていたけれど、現在は無職になってしまった返済ができない。病気や様々な事情からそんな状況になってしまう方も多いです。原則的にこの状況はとても悪いことですが、一番悪いのは、連絡もせずに黙っていることです。消費者金融などでは、返済期日に支払うがないと、向こう1ヶ月くらいの猶予を与えてくれます。その間に返済ができれば問題がないのですが、それも無視して...

投資マンションとは、居住目的ではなく、資産運用の一つとして、マンションを持ち、家賃収入で財産を築くものです。一時流行した投資先ですが、居住者が存在しなくては、儲かることは出来ません。そのまま空室であれば、損をしてしまうハイリターンハイリスクの投資です。当然人気のあるマンションの場合、高い物件ですから、借入をしてまで購入する方もいますが、返済もしていかなくてはなりません。しかし、その返済に困ったとし...

借金は、作る原因も様々ですが、返済できない理由もいろいろです。働いていないので、返済できないにしても、“働かない”と“働けない”ではケースが違います。ちなみに、現在成人で心身が健康であれば、国内では何かしらの働き口はあると言います。しかし、それが東京だとして、自分が今地方に住んでいたとしたら、その東京に行くまでの旅費もなく、諦めることもあります。ですから、絶対に健康であっても働けるということはない...

債務整理を法律事務所などで受けたいときには、その内容が書いてある、チラシやポスター、メールに従ってください。例えば、必ず電話をしてください、メールをくださいと言うように書いてありますが、電話無しで対応ということであれば、直接出向くということです。その時の法律事務所の対応によりますが、こればかりは行ってみないとわからないでしょう。法律事務所は、基本的に庶民の味方です。電話もできずに思い悩んでしまって...

現在日本の決まりでは、生活保護で借金返済をすることは禁止されています。生活保護を申請した場合、借金の有無を調べるのですが、もし借金がある場合には、生活保護受給資格はないのです。ということで、本来あってはならない生活保護の借金問題ですが、そのような事実があって、返済に苦慮している場合には、まずは役所に相談してください。そこで勧められるのは債務整理であれば自己破産です。そして、自己破産を申請した地点で...

借金問題相談をした時点で依頼をすると決めたとして、最短でどのくらいで解決ができるかは非常に気になるところです。これは債権者の出方次第なので、弁護士なども一概にわからないというのが正直なところです。債務整理にはいくつか種類があり、裁判所を通さない任意整理は債権者との話し合いだけですから、比較的早く解決がつきます。同意があればいいだけで、後は書類を作るだけです。個人再生、特別調停、自己破産については、...

債務整理は、繰り返すことは可能です。自己破産や個人再生の場合、7年間は債務整理ができません。しかし、それ以降については、債務整理は可能です。ただし、自己破産をされたということですが、その後の債務整理については、ハードルが高くなると思ってください。さて、2回目の債務整理としての任意整理ですが、これは直接貸金業者との交渉になります。そこで、相手はあなたが過去に自己破産をしたことを知っている可能性が高い...

専業主婦の債務整理は可能です。何からしてよいか方法がわからない方、まずは弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士事務所では、専業主婦の債務整理の体験談なども多くあります。弁護士事務所では弁護士費用もかかるし、専業主婦は基本的に収入がないので、その方法ではなく、自分だけで借金をどうにかしたいと思う方も多いでしょう。しかし、大丈夫です。場合によっては、借金の情報を家族に知られないように債務整理を...

ご両親の借金問題についてお子さんが憂慮する場合、まず債務整理があることを教えてあげましょう。また、その状況などを把握し、弁護士に相談をしてみてください。債務整理を実際に行うときには、必ず本人が行う意思がなければならないのです。弁護士事務所では、最終的には本人を連れてくるように促されますが、相談は家族が何度でも行うことは可能です。どのような借金なのかでも内容は変わりますが、大切なことは、借金問題で何...

民事再生法とは、会社の再建に関係する債務整理ですが、一個人に関しては、個人民事再生といいます。2001年にできた新しい制度で、破産を目的にしたものではなく、あくまでも人生の再スタートを切るための債務整理です。ですから、マイホームを持っている方は、マイホームを持ったまま(住宅ローンは債務整理しない)で、再生計画に則った支払いをすることで、返済額を大きく減らすことができます。条件として、住宅ローン以外...

44000円支払い続けて税金を滞納しています債務整理によって、債権者との話し合いがつき、毎月定期的な支払いを滞納をする場合、あまり良い影響はありません。考えられることとして当然の債権者からの催促債務整理の破棄があります。催促はあるとしても、債務整理を破棄されてしまったら、生活そのものができないケースも考えられます。そこで、もし話しができる(最初の債務整理でお世話になった弁護士など)方がいれば、支払...

リボ払いは毎月決まった金額の返済ができる便利なシステムです。大きなお買い物をしたり、キャッシングでも1万円の返済を決めておくと、それ以上野返済をしなくても良いのです。ところが、契約内容を確認すると、リボ払いは金利が少し高めの設定になっています。しかし定額の返済で、あちこちでのリボ払いを利用する方が多く、気がつくと元金が全く減っていないことに気が付き慌てる方もいます。たいてい1万円程度のリボ払いが多...

借金野返済額を減らす方法は2つあります。借り換え債務整理です。オススメなのは、借り換えですが、これは多重債務の方は難しいかもしれません。もし、現在の借金が、裁量規制限度になっている場合は、これ以上の借入は出来ません。そうではなく、単に現在、裁量規制で借入に余裕がある方は、借り換えを考えてみてください。その際のポイントは、今よりも利息が少ないことです。100万円で利息15%の返済をしている場合、他の...

約束の期日に返済できない滞納者には、債権者から裁判所にくるよう、手紙がきます。絶対に従わなければならないのですが、その時点で自暴自棄になっていて、そのままにしている方も多いです。これは由々しき事態なのです。滞納してしまう前に、債権者に事情を話しましょう。この時に嘘も方便と、適当に言い繕うことはやめましょう。債権者に見栄を張ることなく、働いていないので収入がないでも良いですし、他に支払うことがあるの...

多重債務の方のまとめローンは、できる方とできない方がいます。A社・B社の借金をC社の借金で賄うことをまとめローンと言います。現在、借金の限度額はある程度決まっています。裁量規制といって、年収の3分の一しか借金をすることができません。ですから、A社・B社の借金とC社の借金の合計が、裁量規制限度内なら、どの消費者金融でも利用できます。しかし、裁量規制限度を越えた方も、まとめローンができる場合もあります...