借金問題 離婚

借金している夫から養育費をもらえるか?

夫の借金が原因で、離婚を考えている場合、子供の養育費の支払いは不安です。
借金返済をしながらの養育費は本当に支払ってもらえるのか?

養育費は、子供への夫の義務ですから、借金の有無は関係ありません。
きっちりと支払ってもらうことが出来ます。
原則的には慰謝料も同じです。

このような離婚の場合、離婚調停になっていくのですが、様々な条件下の中で調停委員が調整する問題です。
弁護士がいた方が有利と考える方もいますが、この場合は調停員だけで十分です。
夫が作った借金が元で離婚ということで、非はすべて夫にあるのですから、妻に有利に働くことでしょう。

ただ、夫の借金返済があり、養育費が二の次になる可能性は高いです。
そこで、調停離婚で養育費が決まって、必ず回収したいときには夫の給料からの強制執行が出来ます。
税金や保険料を引いた残高から半分をもらうことが出来ます。
また、夫がもし債務整理で自己破産をしたとしても養育費の支払いを止める権利はありません。

ということで、どれだけ夫に借金があろうとも、養育費に関しては、何が何でも回収ができるシステムになっています。

借金問題で離婚が話にでできたときには、その時の財産分与や養育費のことが心配です。
親同士は、離婚をして他人になってしまえば良いことですが、親子関係はそうは行きません。
別れた夫にしてみれば、養育費だけが親としての権利主張になるのです。
現実問題として、借金返済と養育費の支払いでは厳しい毎日になるのは仕方のないことです。

そこで、元夫の立場として、債務整理を本格的に行うことをお勧めします。
借金→離婚→債務整理と聞くと、負け組の人生のようですが、それは違います。
借金を作ったことで、不幸の始まりのようですが、離婚という悲劇の後の債務整理は、再出発の狼煙です。
とりあえず、生活費と養育費だけはしっかり確保できる範囲内で、債務整理をしてみましょう。

住宅ローンなどがあるときには、個人再生などで家だけは残すようにするか、任意売却などの利用も考えましょう。
また、住宅ローンの名義人が夫で保証人が妻の場合、妻の立場は変わりません。
そんな時に債務整理をしてしまうと、保証人にも影響があることも。

債務整理というと、全ての財産を失って惨めと思う方もいますが、個人再生では家が残りますし、特別調停などでは借金額だけが大幅減額されるなどのメリットもあります。
どのくらいの借金圧縮ができかはやってみないとわからないことですが、とにかく養育費だけはきちんと決まった年数を支払う義務は果たしましょう。
借金返済同様に人としての道です。

借金している夫から養育費をもらえるか?関連ページ

住宅ローンが足かせ
住宅ローンが足かせ。夫婦になって大きな買い物というと住宅購入があります。何千万円という住宅ローンを夫婦が力を合わせて返済していく過程で、別の借金問題が出てくることもあります
結婚前の借金問題
結婚前の借金問題。めでたく夫婦になる前に相手の借金について調べることもあるでしょう。今の時代、クレジットなどを簡単に利用できることから、借金と言うより、毎月の支払いをしている買い物の1つや2つは存在しています。しかし、それらは借金と呼ばないこともあります
債務と財産分与について
債務と財産分与について。もし現在、財産があり、夫が大きな借金を作ったしまった場合、債務整理をするかどうかと考えていたとしても、財産分与がしっかりほしいときには、財産が減らないうちに離婚をするのも一つの手です。しかし、現実にはそう簡単に行かない問題です