借金問題 離婚

債務と財産分与について

債務があった場合の財産分与はどのようになるのでしょうか?
夫婦で1,000万円の預金があったとします。
住宅を購入して、住宅ローン600万円残っていたとしたら、財産分与は、1,000万円から住宅ローンの600万円を引いた400万円が財産分与の対象となります。
この時点では夫200万円、妻200万円です。

今度は夫婦で600万円の財産があり、債務が1,000万円の場合です。
この場合、手持ちの財産を債務を返済しても、400万円の借金が残ります。
その際の財産分与として、借金を均等に分けて200万円ずつ負担をするか?ということですが、この時点で離婚をした場合、400万円の借金はすべて夫のものとなります。

妻の財産分与はゼロです。
2つの例を見ましたが、いずれも夫婦で作った債務の場合です。

では、夫がギャンブルなどで作った借金に関しては、どう考えるのでしょうか?
夫婦の預金が1,000万円あったとして、600万円の債務が夫のギャンブルだったとします。
この時の離婚の財産分与は、1,000万円を分けることが出来、妻は500万円受け取れます。

要するに、夫が作った借金の返済義務を妻が負うことはないのです。
同じく妻が作った借金の場合は、財産分与だとしても500万円は受け取りますが、600万円の債務も持つことになります。
夫婦2人で作った借金なら、共に返済義務があるのですが、片方だけが一方的に作った借金に関しては責任はないのです。

ですから、もし現在、財産があり、夫が大きな借金を作ったしまった場合、債務整理をするかどうかと考えていたとしても、財産分与がしっかりほしいときには、財産が減らないうちに離婚をするのも一つの手です。
しかし、現実にはそう簡単に行かない問題です。
借金が発覚してからの離婚問題については、相手の同意がなかなか取れないことも多いです。
夫がギャンブルに走ったのは、冷え切った夫婦生活だったからとか、妻がホストで散財したのはセックスレスの生活だったからといろいろと理由をつけることがあります。

当然夫婦の話し合いが基本になりますが、こうした相手の責任のなすり合いが続くことで、長期化することもあり、借金返済が滞納することもあり、ますます問題は複雑になります。
いざ離婚、慰謝料、子供の養育費ということになると、借金が絡むことで、その可能性も低くなっていくのが現状です。

そこで、借金問題で離婚になる場合、いずれにしても弁護士などに相談されると良いでしょう。
共有財産の中に借金が加わることで、問題は大きくなっていくばかりです。
仮面夫婦と言われたとしても、とりあえず借金問題を解決した上で、改めて離婚問題を話し合うのが妥当と言えるかもしれません。
特に住宅ローンの場合、妻が保証人になっていることが多ク、離婚をしてもその関係が続くことが多いです。

債務と財産分与について関連ページ

住宅ローンが足かせ
住宅ローンが足かせ。夫婦になって大きな買い物というと住宅購入があります。何千万円という住宅ローンを夫婦が力を合わせて返済していく過程で、別の借金問題が出てくることもあります
結婚前の借金問題
結婚前の借金問題。めでたく夫婦になる前に相手の借金について調べることもあるでしょう。今の時代、クレジットなどを簡単に利用できることから、借金と言うより、毎月の支払いをしている買い物の1つや2つは存在しています。しかし、それらは借金と呼ばないこともあります
借金している夫から養育費をもらえるか?
借金している夫から養育費をもらえるか?夫の借金が原因で、離婚を考えている場合、子供の養育費の支払いは不安です。借金返済をしながらの養育費は本当に支払ってもらえるのか?養育費は、子供への夫の義務ですから、借金の有無は関係ありません