借金問題 離婚

結婚前の借金問題

めでたく夫婦になる前に相手の借金について調べることもあるでしょう。
今の時代、クレジットなどを簡単に利用できることから、借金と言うより、毎月の支払いをしている買い物の1つや2つは存在しています。

しかし、それらは借金と呼ばないこともあります。
それが順調に返済できていれば、問題もないのですが、滞納をしていたり、実は債務整理中である場合もあります。
その事実を知らずに結婚後に知ってしまうこともあるようです。

・債務整理をしていたなんて知らなかった、私を騙していたから、離婚をします。
これは、離婚原因に足らないと言われています。
生活費を渡しているのであれば、黙っていたことは悪いことですが、生活基盤があることで問題にならないようです。

借金があった、債務整理中である配偶者を一方的に責めることはできません。
しかし、その借金がこの先、生活が出来ないほどの場合、生活費をいれない場合は話は別です。

・配偶者が勝手に連帯保証人になっていた、そして自己破産をする羽目になった。
これは、配偶者が大変なことです。
知らないうちの連帯保証人であれば、結婚生活をめちゃくちゃになってしまいます。

連帯保証人は借金ではないのですが、このような波乱をすることは考えられます。
離婚問題もでますが、その後の生活や慰謝料、養育費、ローンが存在している場合などは複雑になります。
もし、自己破産になった場合、財産などはなくなってしまうのですから、慰謝料などはゼロになる可能性はあります。

・夫名義のクレジットカードが作れなかった。
現在の借金ではなく、結婚前に債務整理をしていた事実が判明。
この先、クレジットカードも作れないし、住宅ローンも組めないことがわかった。

これは妻としてはショックなことでしょう。
どうして言ってくれなかった、借金の理由や原因を話して欲しかったということになります。
こうなると借金問題ではなく、本質は夫婦の問題になります。

結婚前の借金については、ある程度整理しておくことが必要です。
もし、債務整理をしていたのなら、その事実はきちんと話しておくべきです。

ギャンブルが原因であったとしても、それはそれで納得できれば良いことです。
肝心なことは、結婚後に知ることで、相手の信用度も失ってしまうことです。
希望に満ちた結婚生活を借金問題で台無しにしないために心得ておいてほしいことです。

結婚前の借金問題関連ページ

住宅ローンが足かせ
住宅ローンが足かせ。夫婦になって大きな買い物というと住宅購入があります。何千万円という住宅ローンを夫婦が力を合わせて返済していく過程で、別の借金問題が出てくることもあります
債務と財産分与について
債務と財産分与について。もし現在、財産があり、夫が大きな借金を作ったしまった場合、債務整理をするかどうかと考えていたとしても、財産分与がしっかりほしいときには、財産が減らないうちに離婚をするのも一つの手です。しかし、現実にはそう簡単に行かない問題です
借金している夫から養育費をもらえるか?
借金している夫から養育費をもらえるか?夫の借金が原因で、離婚を考えている場合、子供の養育費の支払いは不安です。借金返済をしながらの養育費は本当に支払ってもらえるのか?養育費は、子供への夫の義務ですから、借金の有無は関係ありません