借金問題 離婚

住宅ローンが足かせ

夫婦になって大きな買い物というと住宅購入があります。
何千万円という住宅ローンを夫婦が力を合わせて返済していく過程で、別の借金問題が出てくることもあります。

返済可能なものであれば、多少生活が厳しくなる程度が我慢もできますが、知人の連帯保証人になることで、本人たちが予想もつかない借金問題を抱えることもあります。
また、ギャンブルや投資などにお金をつぎ込み、それが貯金の範囲内ではなく、消費者金融などに手を付けて、にっちもさっちも行かなくなってしまうケースもあります。

夫婦同意の借金の場合もありますが、夫や妻が勝手に借金を作ってしまう場合も多いです。
しかし、それが遊興費なら、相手を見捨てることもできますが、そうではない生活費に関係するものであったり、夫婦ならではの相手を責める事ができない借金の場合もあります。
そして、その上に夫婦のための住宅ローンがあるという場合、そう簡単に離婚とはいかないでしょう。

以前でしたら、マイホームは諦めて、競売物件として自己破産するしか道はありませんでした。
ところが、今は個人再生があります。
住宅ローンの場合、夫が名義人で配偶者が保証人になっている場合があります。
共有財産としての夫婦関係が成立しています。

その財産を簡単に手放すことをしないのが、個人再生です。
これは、住宅ローンだけはきちんと返済ができる収入がある場合、その他の借金だけを債務整理するものです。
5,000万円以下であれば、時間をかけて債務整理をすることができます。

新しい債務整理ですから、知らない方も多く、夫の作った借金で、泣く泣くマイホームを手放して、離婚に至る夫婦もいますが、今はそんな心配はありません。
様々なケースがありますが、個人再生は、住宅ローンを持った借金問題の解決策として、是非考えてみてください。

難しい債務整理ですから、弁護士などが間に入ることで、費用はかかりますが、借金問題は解決し易いと言われています。
もし愛情があるのなら、この借金で離婚問題に至らないのであれば、
個人再生は夫婦にとって再スタートのきっかけを作ってくれます。

住宅ローンが足かせ関連ページ

結婚前の借金問題
結婚前の借金問題。めでたく夫婦になる前に相手の借金について調べることもあるでしょう。今の時代、クレジットなどを簡単に利用できることから、借金と言うより、毎月の支払いをしている買い物の1つや2つは存在しています。しかし、それらは借金と呼ばないこともあります
債務と財産分与について
債務と財産分与について。もし現在、財産があり、夫が大きな借金を作ったしまった場合、債務整理をするかどうかと考えていたとしても、財産分与がしっかりほしいときには、財産が減らないうちに離婚をするのも一つの手です。しかし、現実にはそう簡単に行かない問題です
借金している夫から養育費をもらえるか?
借金している夫から養育費をもらえるか?夫の借金が原因で、離婚を考えている場合、子供の養育費の支払いは不安です。借金返済をしながらの養育費は本当に支払ってもらえるのか?養育費は、子供への夫の義務ですから、借金の有無は関係ありません