借金問題 離婚

借金問題で離婚を考えていらっしゃる方へ

借金問題が端を発する離婚

借金問題で夫婦にヒビが入ることがあります。
お金は愛情で生まれるものではありませんが、豊富にあれば多少の問題も解決できるものです。
しかし、ひとたび借金問題が噴出することで、夫婦関係は崩れます。

ただ離婚の原因が、借金だけだとした場合、相手が同意しなければ別れることができないこともあります。
働かないこと、浪費癖だけで生活がうまく行かないことでの訴えではどうにもならないこともあるのです。
理不尽な内容ですが、共有財産として借金も夫婦で背負う羽目になるケースもあります。

配偶者が作った多額の借金については、まず原点に立ち返ることが必要になります。
もともと働いていないということであれば、借金以前に離婚問題はあるはずですが、それを承知で結婚生活をしてきた夫婦にとっては、ここが立ち直るチャンスともいえます。
また、生活費もギャンブルやお酒に消えてしまう、挙句のはてに無暴力が加わるようであれば、借金問題以前に離婚調停にかけることが可能なのです。

今ここに夫名義・妻名義の借金問題があるとして、離婚を視野に入れた問題解決を行うのか、まずは夫婦でやり直しをするかを決めることが必要になることでしょう。
子供がいれば、簡単に離婚は難しいですし、嫁の立場として離婚後の生活もあります。

そこで、借金問題で離婚というのはまず置いておいて、借金をどうするかを考えていきましょう。
返済不能な多額の借金がある場合、債務整理が最適な解決方法です。
本人名義のものだけのとき、債務整理の種類によっては、同居人の所得なども関係してきます。

それで、個人再生や自己破産という裁判所を通す債務整理なのか、任意整理で債権者との話し合いで返済可能な借金になることもあります。
そこまでの解決策を講じてから、離婚の話しをすることをお勧めします。

夫婦関係で借金問題が吐出して、離婚だと大騒ぎをして、債務整理をすると、なんと過払い金があり、借金が完済したり、任意整理を行うことで、普段通りの生活になって、夫婦仲が良くなるケースもあります。
借金問題がきっかけで離婚という場合、それが解決してしまうと何も問題がなかった夫婦に戻れることがあります。

好きで一緒になった二人ですから、山あり谷ありの人生といいますが、その谷がたまたま借金問題であると言うだけの話です、と美談で締めたいところです。
ところが、それが結婚後のギャンブルや遊興費、浮気の資金ということであれば、
相手の債務整理関係なく即刻離婚という場合もあります。

借金問題で離婚を考えていらっしゃる方へ記事一覧

夫婦になって大きな買い物というと住宅購入があります。何千万円という住宅ローンを夫婦が力を合わせて返済していく過程で、別の借金問題が出てくることもあります。返済可能なものであれば、多少生活が厳しくなる程度が我慢もできますが、知人の連帯保証人になることで、本人たちが予想もつかない借金問題を抱えることもあります。また、ギャンブルや投資などにお金をつぎ込み、それが貯金の範囲内ではなく、消費者金融などに手を...

めでたく夫婦になる前に相手の借金について調べることもあるでしょう。今の時代、クレジットなどを簡単に利用できることから、借金と言うより、毎月の支払いをしている買い物の1つや2つは存在しています。しかし、それらは借金と呼ばないこともあります。それが順調に返済できていれば、問題もないのですが、滞納をしていたり、実は債務整理中である場合もあります。その事実を知らずに結婚後に知ってしまうこともあるようです。...

債務があった場合の財産分与はどのようになるのでしょうか?夫婦で1,000万円の預金があったとします。住宅を購入して、住宅ローン600万円残っていたとしたら、財産分与は、1,000万円から住宅ローンの600万円を引いた400万円が財産分与の対象となります。この時点では夫200万円、妻200万円です。今度は夫婦で600万円の財産があり、債務が1,000万円の場合です。この場合、手持ちの財産を債務を返済...

夫の借金が原因で、離婚を考えている場合、子供の養育費の支払いは不安です。借金返済をしながらの養育費は本当に支払ってもらえるのか?養育費は、子供への夫の義務ですから、借金の有無は関係ありません。きっちりと支払ってもらうことが出来ます。原則的には慰謝料も同じです。このような離婚の場合、離婚調停になっていくのですが、様々な条件下の中で調停委員が調整する問題です。弁護士がいた方が有利と考える方もいますが、...