借金問題 女性

専業主婦の多い債務整理のケース

専業主婦は、夫の収入だけを頼りに生活をしている方を言います。
財布を握っているケースも多いですから、自由にお金を使えるか?というと、そうではない現実があります。

以前は消費者金融で自由に借入ができた身分でしたが、最近は夫の所得証明書が必要だったり、働いていないことで、借入条件が厳しくなっています。

では、債務整理には関係ない話?というと、そんな事はありません。
夫の給料が少なくて生活費の足しに、自分のお小遣い欲しさにとカードローンなどを使用することもあるようです。

そして、厄介なことに、夫のカードを使ってしまうパターンもあります。
自分のカードであれば、返済ができなくなったときの債務整理は自分で行えば良いのですが、夫のカードを使用した場合、妻が債務整理をすることはできません。

もともと夫婦であっても、自分以外名義のカードを使用することはいけないことですが、債務整理は本人しかできないことです。

法律事務所では、専業主婦の債務相談が増えたというのは、本人の借金問題もありますが、こうした夫のカードローンの返済ができなくなって困ってしまう場合も多いです。
もし、生活費なら、夫もある程度納得できることですが、それが遊興費であったり、ギャンブルに使用したと言うのであれば、大変なことになります。

専業主婦の債務整理で、本人のものであれば、家族に内緒で行うことは可能ですが、夫の場合は何もできないので、正直に話すしかないことです。
ただし、夫のカードが使用できなくなってしまうこともあり、簡単に債務整理で解決できないこともありますし、この借金問題で離婚になることもあるようです。

しかし、弁護士が間に入ることで、第三者的な観点、法律的な手続きなどを受けることができます。
当初は債務整理だけの問題だったのが、私生活全般お世話になるケースもあります。

専業主婦の多い債務整理のケース関連ページ

夫に内緒で債務整理をしたい
夫に内緒で債務整理をしたい。弁護士事務所に債務整理に来る女性で、開口一番そう言われる方が多いようです。様々な事情があるようですが、基本的に家族や職場に知られずに債務整理をすることは可能です
借金をなくして結婚をしたい
借金をなくして結婚をしたい。借金を返せない状態で、結婚をすることはできない。毎月返済しているローンがあるけれど、私の稼ぎだけで大丈夫なら良いのですが、結婚して夫の給料から自分の独身時代のローン返済はできないという方も多いようです
女性弁護士の存在
女性弁護士の存在。同性なら話しがしやすい、特に借金問題というデリケートな話題にはという方は、女性弁護士などを探す方法があります。女性のための債務整理専門事務所などもあります。しかし、その数は少ないですが、相談員や事務員として女性を置いている場合も多いです