債務整理 メリット

債務整理のメリット

債務整理のメリットは、債務者の返済額が減ることです。
どの債務整理にするかによって、返済額の下げ幅は大きく変わりますが、自己破産の場合、返済額がゼロになることもあります。
また、返済期間を長くすることができ、返済額そのものは変わらないものの、月々の支払い額を減らすこともあります。
要するに、返済による経済的・精神的負担を小さくすることが目的です。

 

借金に追われている生活をしている、もっと平たく言えばローン(様々な)返済をしている方は世の中にたくさんいらっしゃいます。
そのような返済を無理なく行うことができれば、債務整理の必要もないのですが、生活が困窮したり、病気で収入が減ったことで日常生活に支障をきたすなど、借金返済そのものが地獄であるケースも少なくありません。
また、乱暴な取り立ててで、精神的にダメージを受けている方もいます。

 

そんな方の返済が債務整理によって減少するということは、人生の再スタートを切ることくらい大きなことです。
この法律は、借金返済に苦しむ救済策として制定されました。
最大のメリットとしての返済額の減少というのは、その方の人生をも左右するほど大きな影響を与え、明るい未来に導いてくれます。
債務整理によって、新しい人生を歩んでいる方も多いです。

債務整理のメリット関連ページ

債務整理のデメリット
債務整理は、返済額が少なくなったり、ゼロになる画期的な方法ですが、デメリットも存在します。それは、債務整理後のローンやクレジットの利用ができないことです。
債務整理の相談はどこで?
債務整理をしたいという時、どこに相談に行けばよいのでしょう?法律関係ですから、弁護士などがいる法律事務所も良いのですが、自治体などでも案内しているのをご存知でしょうか?
債務整理後はどうなるの?
お金以外のことでは何も変わりません。仕事も学校も変化はありませんし、引っ越しができない、選挙権がなくなるなどの噂もありますが、そんな事はありません。