債務整理 デメリット

債務整理のデメリット

債務整理は、返済額が少なくなったり、ゼロになる画期的な方法ですが、デメリットも存在します。
それは、債務整理後のローンやクレジットの利用ができないことです。

 

借金は、相手からお金を借り、◯◯までに◯◯の利子をつけてお返ししますという契約上成立しています。
それが、借りる側の都合により、返済できないからなんとかしてほしいというのが債務整理です。
ですから、契約を一部変更してもらうことと考えて良いでしょう。

 

債務整理を行ってしまうと、その後のローンやクレジットの利用ができなくなってしまいます。
約束を守れなかった、契約を変更してしまったからです。

 

ブラックリストと言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?
そのようなリストはないのですが、国内の信用情報機関では、各個人の支払状況をある程度把握しています。
債務整理を行うと、そこに事故情報(支払い遅延)として名前が掲載されます。

 

債務整理後のローン計画等がある場合は、しない方が良いでしょう。
ただし、これは永久的なものではなく、5年〜10年間だと言われています。
今ある借金を減らす事ができるけれど、クレジットカードなどの使用ができなくなってしまうのは困るという方にとっては、債務整理をするべきは多いに悩むところでしょう。

債務整理のデメリット関連ページ

債務整理のメリット
債務整理のメリットは、債務者の返済額が減ることです。どの債務整理にするかによって、返済額の下げ幅は大きく変わりますが、自己破産の場合、返済額がゼロになることもあります。
債務整理の相談はどこで?
債務整理をしたいという時、どこに相談に行けばよいのでしょう?法律関係ですから、弁護士などがいる法律事務所も良いのですが、自治体などでも案内しているのをご存知でしょうか?
債務整理後はどうなるの?
お金以外のことでは何も変わりません。仕事も学校も変化はありませんし、引っ越しができない、選挙権がなくなるなどの噂もありますが、そんな事はありません。