誰にも相談できない借金

債務整理するくらいなら不動産担保ローンを

借金を抱える背景には様々な人間模様があります。
家族が一丸となって働く場合もありますが、家族には絶対に知られたくない借金もあることでしょう。

今の自分には、債務整理も絶対にできない状態の場合で、不動産をお持ちの方は、不動産担保ローンの方法もあります。
この場合、個人のギャンブルで作った借金でも、個人事業主が運転資金として使いたい場合もOKです。

不動産を担保にして資金調達をするのです。
一部銀行では、事業資金はNGの場合もありますが、個人向け、法人向けなどの不動産担保ローンを使用することで、借金の問題が解決することができるかもしれません。

現在、貸金業者は、総量規制を超える融資はしていません。
借金返済のために多重債務をしようと消費者金融などにいったときに、審査に落ちましたと即答されることがあります。
個人信用情報として、総量規制がいっぱいいっぱいの場合です。

しかし、不動産担保ローンに関しては、総量規制対象外の融資になりますから、不動産の評価に応じた融資が受けられます。
もちろん借金があってもいいんです。
ギャンブルの借金が返済できず、延滞利息も付いている、多重債務者であるなどの場合、金利の安い不動産担保ローンを1つ契約することで、完済できることもあります。

ただし、今度は不動産担保ローンの返済をしていかなくてはならないのですが、もし今まである借金よりも利息が低ければ、返済は楽になります。
それを家族に内緒で行う事ができれば良いのです。

自分名義の不動産であれば、それも問題ないでしょう。
しかし、今度は滞納厳禁になりますけれど。

債務整理するくらいなら不動産担保ローンを関連ページ

リバースモーゲージって何?
リバースモーゲージって何?リバースモーゲージとは、自宅を担保にして銀行などの金融機関から借金をすることを言います。不動産担保ローンと似ているのですが、最終的にリバースモーゲージは担保物件を売却する方向で資金を融資を受ける形になります
借金相談はどこにしたら良い?
借金相談はどこにしたら良い?金融機関からの融資は、その方の信用の元に行われます。その審査の時の情報が元になるのですが、その先のことは誰にもわかりません。一定収入が続き、総量規制範囲内での借入で、順調に返済が出来れば良いのですが、万が一、一定収入がなくなったとしたらどうなるのでしょう
借金返済に困った時の相談先
借金返済に困った時の相談先。融資や返済で困った時には、様々な機関で相談ができます。弁護士の債務整理相談もその一つですが、公的機関として金融庁の出先機関として、全国の自治体での窓口相談、消費者センターなどでも対応しています