旦那 借金問題

ギャンブル依存症と債務整理

ギャンブル依存症とは、パチンコや競馬などのギャンブルから抜け出せない方です。
特に男性に多いのですが、独身ならまだしても旦那や夫、主人と言った家庭を持っている方がはまると大変なことになります。

現在、治療プログラムやカウンセラーなどで、依存症治療はできますが、時間もかかり、内容も大変です。
薬物中毒と同じと表現する方もいますが、ギャンブルをしていないと落ち着かないのですが、それを続けられるだけの軍資金があれば別で、問題はありませんす。

まるでご飯を食べるようにギャンブルをしていればよいのです。
しかし、たいていの場合、軍資金はいずれ底をつきます。
そして、消費者金融やカードローンから借入をするようになりますが、ギャンブルは常勝ことはまずありません。

ですから、借りる→返済→借りる→返済の繰り返しになります。
それがいつしか借りる→借りる→借りるになってしまい、返済不能になっていきます。

この悪循環が、ギャンブル依存症を助長させるとも言われています。
今日儲けて返済をするという妙な自信を持つことになります。
たまたま勝ってしまい、本当に返済ができたとすると大変。
また同じことをしたとしても、負ければまた借りることになります。

そんなギャンブル依存症の治療も良いのですが、債務整理が良い薬になります。
一家の主人たるもの、ギャンブルを生業とするのではなく、遊び程度のことで借金を作ってしまうのはあまり良いことではありません。
旦那のギャンブル依存症で、夫婦喧嘩は絶えない、生活費はなくなる。家庭崩壊、離婚裁判など、結末としては良いことは何一つありません。
ただ、ここに債務整理が加わると、返済のめどを付けるため、強制的にギャンブルから抜け出すための荒治療になります。

ご主人本人が深く反省をしないとなかなかできないことですが、とにかく弁護士の前に来て話しを聞く態勢を作ることです。
ギャンブル依存症になっている方の中では、途中から儲けて返済をするためと思っている方も少なくありません。
端から見ると、間違っている考え方なのですが、本人としては真剣そのものです。

そんなご主人の債務整理に関しては、ギャンブル依存症からの生還を見守る家族としては、複雑な心境でしょうが、できれば見守っていただきたいところです。
ギャンブル依存症→債務整理というのはかなりの成長と見て良いです。
そして、本人が行うのではなく、弁護士の指導の元に債務整理を進めていくことで、できれば完全にギャンブルから足を洗ってほしいというのが家族の願いでしょう。
それには家族の愛も必要なのです。

しかし、ひどいギャンブル依存症の場合、立派な離婚理由になるともいえます。
話し合いの場が持たれることも多いですが、もう我慢できないという妻の悲痛な叫びも聞こえてくる場面です。

債務整理に向かう旦那に励ますことができるか、背を向けるか、これも妻の大切な決断のときです。

ギャンブル依存症と債務整理関連ページ

パチンコで作った借金を債務整理したい
パチンコで作った借金を債務整理したい。ギャンブルしたさに消費者金融から借入をし、返済不能になった場合も債務整理はできます。最近パチンコ店では、男女関係なく楽しんでいますが、お金が不足して、カードローンやキャッシング、消費者金融からの借入で行っている方もいます
旦那の債務整理でマイホームはどうなる?
旦那の債務整理でマイホームはどうなる?債務整理というと、財産を没収されてしまうイメージがあります。確かに自己破産の場合、財産は処分することもあり、マイホームは競売物件となるパターンもあります
夫の借金、妻の借金、知らなかった
夫の借金、妻の借金、知らなかった。夫に何百万もの借金があると聞いたら、妻はどうするでしょう?要するに内緒で借金を作っていた、過去にあったとしたら、です。夫婦生活がそれほど長くないのであれば、“借金”か“内緒”の点で離婚を決意する方が多いようです