借金問題 相談 窓口

借金問題を相談することができる法律事務所

借金問題相談 関連記事



借金問題の質問コーナーは「とても役に立つ、参考になった」と好評頂いてます。
借金問題相談のページはこちら→借金問題相談ページ


借金問題の相談は、法律事務所を選ぶことが大事です

借金問題を法律事務所や消費者センターなどで相談する時、その事務所が債務整理などに対応しているか、債務整理に強い弁護士が在籍しているかを確認してください。 どこの法律事務所も、債務整理についての知識もあります。
ただ、その仕事を得意としているかどうかが問題です。
法律事務所は、それぞれ得意分野がありますので、是非チェックしてみてください。

テレビのCMなどを行っていたり、ホームページなどで相談フォーマットを用意しているようなところで、債務整理、借金問題を相談されると良いでしょう。
全国無料で、債務整理の相談を大掛かりに行っている法律事務所も多いです。
そして、相談だけなら無料がポイントです。

自分の借金について、任意整理の債務整理をしたいかどうかではなく、そもそも債務整理って何?の段階からお聞きしたい方も多いでしょう。
書いてある内容ではなく、具体的な数字を元に話し言葉で説明される段階から相談に行きたい方にとって、その話だけでは、できれば費用は払いたくないですよね。

ですから、借金問題の相談は
  • 金融機関や貸金業者の交渉事が得意
  • 多重債務者の債務整理を多く手がけている
ような法律事務所に行くことをお勧めします。
最初は、電話かメールで問い合わせる事になりますが、その時の対応などもチェックが必要です。



▲TOPにもどる



借金問題に強い弁護士事務所を見分ける


借金問題の相談は弁護士事務所で行う場合も多いでしょう。
なお、140万円以下の債務整理は、司法書士でも行うことができます。
その時、直接出向くのではなく、ホームページを確認する時は、ここをチェックしましょう。

  • 債務整理専門とある
  • 日本司法書士会連合会や日本弁護士連合会に加盟している
  • 債務整理の取扱実績を掲載
  • 弁護士費用の掲載
  • 無料相談などの掲載
  • 相談のためのメールフォーマットが完備している
をしている点です。
このような弁護士事務所は、債務整理に力をいれていると思われます。

最近では弁護士事務所でブログなども掲載しているホームページが多いですが、その際に注意したいのが、更新がされているかどうかです。
何年も前、何ヶ月前の記事で終わっている場合は、現在の活動が中止されている可能性があります。

事務所案内として、写真の掲載にもチェックしてみてください。
  • 代表者やスタッフ
  • 事務所内の様子
などです。
依頼者の声、トラブル解決例、具体的な債務整理の方法やよくある質問のQ&Aもあるなど、親切な対応を伺わせる内容満載のホームページですと、安心して相談ができます。

インターネットでは、たくさんの弁護士事務所がホームページを開設していますが、内容と活動実績が伴わなかったり、実在していない所もありますから、きちんとチェックすることが大切です。



▲TOPにもどる



相談内容は借金問題だけではない

借金問題と一口に言っても、いろいろなケースがあります。 単に返済額を軽くしたいだけなのか、他に法律に関係する問題もはらんでいたりすることもあります。

弁護士というと、敷居が高いので、消費生活センターや国民生活センターや法テラスなど身近なところで相談したい方も多いです。
もちろん、そのような機関での相談も良いです。
そこでは、具体的な債務整理ではなく、弁護士や司法書士の紹介になることが多いです。

それは自分だけでは解決できないこともあるからす。
そんなときには、民間の法律事務所の他に、弁護士会が行っている債務整理相談などを紹介されることもあります。
行政という点から言うと、日弁連(日本弁護士連合会)などに所属している信用性の高い弁護士の紹介をしてくれます。
民間の法律事務所でも日弁連に所属している弁護士は多いです。


弁護士事務所を見つけたときに、自分の借金問題をどうしたいか、何をお聞きしたいかを整理する必要があります。
最も、何を聞いていいかわからないという方もいらっしゃいます。

そうしたことに一つ一つ丁寧に回答してくれる弁護士事務所や法律事務所がベストです。
中には、借入金と返済額だけをヒアリングして、適当に債務整理を勧める弁護士もいます。

債務整理は、依頼者にとっては生活に密着した重大な決断の一つです。
借入金が大きいからなんとかなるだろうではなく、収入や家族構成、これからの生活にまで親身になって相談に乗ってくれる弁護士でなければ、借金問題が解決するのではなく、返って複雑になってしまうケースもあります。

まずは借金問題の相談をきちんと聞き入れる、そして、その中に様々な問題があるか、これから生じるか、債務整理の返済でうまくやっていけるかなど、将来のことまで相談に乗れる弁護士に出会うことが必要です。

借金問題を相談する弁護士事務所を選ぶのは大変ですが、慎重に行うことが肝要です。
日本弁護士連合会や弁護士会というバックボーンがある弁護士などが安心です。



▲TOPにもどる



借金問題の費用 着手金と成功報酬費用

弁護士や司法書士に債務整理などを依頼をすると弁護士費用がかかります。 高いというイメージも高いですが、任意整理の場合は、20万円台で債務整理ができます。

借金問題の記事などを見ると、着手金という言葉が出てきます。
着手金とは、弁護士や司法書士に支払う契約金のようなもので、解決できないとしても支払わなければならない費用です。
ですから、債務整理を行うと依頼をした時に請求される費用です。
多重債務で相談に来ているのに、やっぱり費用がかかるんだと思ってしまう方も多いですが、着手金は、弁護依頼では不可欠な費用です。

弁護士に依頼をすると成功報酬費用も存在します。
これは、例えば離婚問題のときには離婚が成立した場合、何かの裁判で勝訴した時に支払うものですが、借金問題のときには、債務整理ができた時です。

弁護士や司法書士は債務整理の依頼を受けると、ローン会社や金融機関、貸金業者を相手に交渉を行います。
貸金は、2007年に貸金業法が改正され、それまで存在したグレイゾーンや法外な高金利を取り締まるため日本貸金業協会が設立されました。
現在、この協会には多くの金融機関が加入していて、それが健全経営の証でもあります。

弁護士などが、依頼者の契約内容の閲覧の申し出をした時には従わなければならない事になっています(依頼者本人には断ることが多い)。
ここで、断れば“健全経営”ではなくなるので、金融機関などが弁護士に従うことで、債務整理が進むのです。

借金問題の成功報酬費用は、一律ではありません。
例えば、1000万円の債務を支払わなくてもよくなった場合、その◯%を弁護士費用として支払うと言った契約になります。
よく耳にするのは過払い金の成功報酬費用で、100万円の過払い金が生じた場合20%程度の成功報酬費用が弁護士費用として支払われるようです。

債務整理の相談をするときには、その時点で弁護士費用を支払うのは困難です。
ですから、着手金がゼロのところが多いです。
そして、成功報酬費用については、20〜30%程度の請求が一般的ですが、そのあたりは直接説明を受けることが大切です。
そして、その支払いも一括なのか分割でも良いかなど、費用に関してはきちんと理解した上で依頼をしましょう。



▲TOPにもどる



借金問題相談 過払い金って何?

今さら聞けない債務整理で、過払い金があります。 過払い金が戻る可能性があるとか、借金があるのに返ってお金が戻ってきたという過払い金の存在。
これは、過払い金請求と言って、支払いすぎたお金を戻すことです。

借金問題で、大逆転が見込める過払い金請求ですが、これは昔のキャッシングやクレジットを利用されていた方に適用されることが多いです。
昔は、グレイゾーンと言って、とても高い金利でしか、キャッシングをしていませんでした。
それが2007年の貸金業法改正により、金利が是正されたのです。

ですから、消費者金融などでは、以前の高い金利で貸していた時の返済額から、法定金利以外の返済額は返金しなくてはならなくなったのです。
そして、それは債務者からの請求によって生じるもので、それが過払い金請求です。
この過払い金請求ができるようになって、弁護士ではなく債務者本人の請求応じない貸金業者などとトラブルになる話しも多くありました。
その手続きは、弁護士なしで自分でもできることです。

借金問題を弁護士に無料相談した上で、自分で消費者金融に直接問い合わせて行うことも可能ですが、弁護士を通すことで、手続きがスムーズに行くのは、金融機関が弁護士にならきちんと対応するカラという理由があります。

ただし、この過払い金請求には時効があり、返済から10年間とされています。
そして、このキャッシングの金利の貸金業法改正(2007年)が行われて、そろそろ10年が経とうとしているため、過払い金請求もできない状態になっています。

今さら聞けないような過払い金問題ですが、もし昔にキャッシングをしていたと言う方は、今からでも借金問題として相談に行かれることをオススメします。
この過払い金請求は完済後でも適用されるのです。

また、過払い金がなく、債務整理をしなければならないときの一番多い方法は債務整理です。
裁判所を通さず、弁護士と金融機関の交渉で、月々の返済額が減少します。

借金問題の質問コーナーは「とても役に立つ、参考になった」と好評頂いてます。
借金問題相談のページはこちら→借金問題相談ページ

▲TOPにもどる